ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

事業領域

 

富士フイルムグループの技術とノウハウで動物医療に貢献します

富士フイルムVETシステムズ株式会社(以下、FFVS社)は、動物医療の総合販売会社として、画像検査機器、検体検査機器、受託検査サービス等、様々なサービスを提供します。

これまで、「富士フイルムモノリス」は、国内トップシェアの動物検体受託検査会社として、国内10か所に受託検査所を配置し、日本全国の動物医療施設から直接検体を集荷し、迅速に検査結果を報告することで、動物医療に貢献してきました。

また、「富士フイルムメディカル」の「動物医療事業部門」は、富士フイルムが開発・製造する動物医療向けのX線・超音波画像診断装置、臨床化学分析装置、検査データ処理支援システムなどを国内で販売・提供してきました。

FFVS社は、これら2社の機能を集約し、拡大する動物医療市場にさまざまな製品・サービスを提供していきます。

[図]

さらに、FFVS社は、動物医療施設内で得られた検査データ・画像情報と、FFVS社で受託した検体検査の結果を統合管理する新サービス「FUJIFILM VETELINK Network(フジフイルム ベテリンク ネットワーク)」の提供をこの秋から開始する予定です。

FFVS社は、動物医療事業をさらに強化し、多様化する動物医療の現場のニーズに迅速かつ的確に応え、さらなる診断・検査の効率化と、動物医療の質の向上に貢献していきます。

臨床化学検査の標準化 ~富士フイルムグループの取り組み~

一般的に、臨床化学検査においては、同じ検体でも測定方法や測定機器の違いにより測定値が異なります。しかし、富士フイルムの臨床化学検査装置「富士ドライケム」と、富士フイルムVETシステムズが受託する検体検査は同一の結果を提供できるため、獣医師は、院内機器での測定結果と外注検査の測定結果をそのまま比較して診断することができます。

[図]

関連情報

富士フイルムグループのイメージング ソリューション、ヘルスケア&マテリアルズ ソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループの医療診断用製品の販売を行う事業会社です。

大切な家族へ、ヒトと同レベルの医療環境を提供いたします。

国内有数の実績を誇る動物の受託検査サービス。
形態学検査など約300項目の検査に対応しています。

富士フイルムグループでは臨床検査の標準化・共用化を行ないました。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る